方向変換その2


今日の太極拳

体の方向転換が多い太極拳
回転の軸は「拇指丘」と「踵」の二箇所。
そして、その使い分けは?

・・・

何だったっけ?

なんて言ったら見放されるから、正直に白状しましょう(笑


といっても、これは自分の経験則なので教室等での教えとは違うかも知れんけど。

太極拳では「分清虚実」もしくは「虚実分明」といって、
転身や移動時には体重を左右でハッキリ分けるという原則があり、
その時に体重が多く乗っている側の脚を「実」、少ない側を「虚」と考えます。

そして回転は、「実脚」なら「拇指丘」を軸。
そして「虚脚」の場合は「踵」を軸にするのです。

健康太極拳
アナタのクリックが無限のエネルギー!
↓↓↓↓↓
banner_02.gif

カテゴリ <とんでも独習記> のトップへ
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101266120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。